引越しマニュアル

引越しマニュアル

新しい物件を見つけた為の引越し、単身赴任・一人暮らしの為の引越しなど、特に春先にかけて引越しをする方が多いと思います。

引越しが決まれば、引越し業者に見積もりや、引越し当日の荷物の搬出搬入を依頼したり、荷造りをしたり、様々な手続きをしたり・・・することがたくさんあります。引越しまでに余裕がある方は、多くの引越し業者が用意していると思いますが、引越し前のどのくらいの時期に、何をすれば良いのか、記載してあるマニュアルを見るととても便利です。

大手の引越し業者であるクロネコヤマトのホームページには、引越しに伴う手続きについてのマニュアルが載っているのでとても参考になると思います。その他のサイトでも、引越しをするにあたってすべきことが書かれたマニュアルをいくつか見つけることができました。

そのようなマニュアルによると、引越し1ヶ月前には、間取りなどの新居の下調べ・引越業者に見積もりを依頼・小・中・高校の転校手続・不要品・粗大ゴミ処分の手配・新居・家具の配置を考える・転居の挨拶状作成・電話業者への移転連絡をする必要があるとのことです。

引越し2週間前には、 まず荷造りの為の資材を手配し、荷造り開始・荷物リストの作成・最寄りの郵便局へ郵便物の転送願いの手続きをすることなどがあります。

そして、引越し1週間前までには、荷造りとそのチェック・新居の掃除・市役所(区役所)での手続(転出届、印鑑登録の消去など)・電気・ガス・水道の転居手続・銀行・郵便局(郵便貯金)などの住所変更・公共料金などの自動振替の住所変更手続・保険・クレジット会社などの住所変更手続をしなければなりません。 引越し前日には、冷蔵庫の霜取り・水抜き・洗濯機の水抜き・ご近所への挨拶が必要で、引越し当日には、 身のまわり品の整理・荷物の搬出・立ち会い・電気・ガス・水道の閉栓、支払いが必要とのことです。

さらに、引越しマニュアルによると、新居先では、荷物の搬入・立ち会い・電気・ガス・水道の開栓・引越料金の支払いが必要で、 引越後には、荷解き・荷物の整理・転居の挨拶状を送る・市役所(区役所)での手続(転入届・印鑑登録など)・運転免許証の住所変更・自動車、自動二輪車などの登録変更をしなければなりません。

引越しは、人生の中で数多く経験することではありませんので、このような引越しマニュアルを参考に、引越しの準備を進めていくと良いと思います。引越しをするとなると、本当にたくさんのことをしなければならないことが分かります。

ところで、引越し業者はお決まりですか?
引越し費用は業者の選び方で、数万円は簡単に変わってきます。
当サイトのこちらで、数万円得する引越し業者の選び方を紹介しています。

引越しマニュアル関連ページ

一人暮らしの方の引越し
引越しといえば、家族の引越しなど、大きな引越しをイメージしますが、単身赴任をする...
引越しのコツ
一般的な引越しでは、引越し準備として荷造りが必要です。最近では、多くの引越し業者...
引越しマニュアル
新しい物件を見つけた為の引越し、単身赴任・一人暮らしの為の引越しなど、特に春先に...
引越しの手順、準備や手続きなど
引越しは、何度も経験することではないので、いざ引越しをしなければならない状態にな...
引越しの際はパソコンも一緒に
引越しとなると、引越し業者を決めて、荷造りや荷解きといった作業以外にも、市町村役...
引越しの予備知識
引越しとは、人が生活する場所(活動する場所)を他の場所へ移すこと、又はその作業の...