引越しに伴うプロバイダー選び

引越しに伴うプロバイダー選び

引越しとなると、荷造りや荷解きといった作業以外にも、市町村役場へ転出届・転入届を提出したり、学校へ通う子供がいるなら転校届を提出したり、郵便局へ住所変更届を提出したり・・・たくさんの手続きが必要です。

そして、一般的に引越しの1週間前までには、電気、ガス、水道、電話・インターネットプロバイダーなどの通信回線に関して、引越し前と引越し先とで提供会社が違うなら、解約清算手続き、同じなら異動届の提出をしなければなりません。

プロバイダーとは、インターネットへの接続サービスを提供する業者のことで、インターネットへ接続するために必要なサーバーや回線、がメールアドレス、ホームページのディスクスペースなどを提供しています。

最近では、パソコンを持つ家庭が多いので、引越し後には、インターネットを使うために、どのプロバイダーと契約しようか迷うことと思います。

最近では、ADSLよりも、光ファイバーの人気が高く、光ファイバーのプロバイダーの中でも、NTTフレッツが全体の約65%をシェアしています。

しかし、近畿圏では、eo光というプロバイダーがNTT西日本のシェアを上回っているそうです。パソコンを所有している方は、引越し前から、料金とサービス面を考慮して、引越し後にはどのプロバイダーと契約するか考えておく必要がありますね。

ところで、引越し業者はお決まりですか?
引越し費用は業者の選び方で、数万円は簡単に変わってきます。
当サイトのこちらで、数万円得する引越し業者の選び方を紹介しています。